カットソーってなに?

ファッション用語で良く聞く「カットソー」。お店に行くと「カットソーがセールになっております!」なんて声を掛けられることもありますよね。

でも、カットソーってどんな服なのか、今一つピンとこない人は多いはず。「Tシャツのことじゃないの?」「恥ずかしくて今さら友だちにも聞けないし…」という人のために、カットソーについてご説明いたします!

カットソーとは「ニット生地を切って縫ったもの」のことを言います。「じゃあTシャツもカットソーじゃないか」だと思ったあなた!…正解です。Tシャツはニット地を切って縫っているのでカットソー、ほかにポロシャツやタンクトップもカットソーということになります。

また、「ニット生地を切って縫った」のなら、ニットではないの?という疑問も湧いてきますよね。カットソーとニットは作る工程の違いで分けられています。カットソーは「縫っている」のに対し、ニットは編んでいるのが特徴です。洋服を良く見てみて下さい。しっかりと縫った痕跡があるのがカットソー、縫い目がほとんどないか、編んで作られているのはニットということになります。

とは言っても、感覚に主軸を置くファッション業界。厳密な区分けはないようですので、ジャンル分けに神経質にならずにファッションそのものを楽しみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする